top of page

更新日:2023年11月29日


こんにちは!

「天空のおくりびとNET」担当のKです。


今回の記事は、第4回・7回の続きになります。



まさかなことに第3回まで続いております当企画(誰得でしょうか)

リサイクルショップ店員目線から見た、大ヒットカテゴリである「遊戯王カード」の歴史を、今回も振り返っていきたいと思います。


前回の記事では2013~2014年までのおよそ一年分しか内容が進みませんでしたが(更新数を稼ぐためにわざとゆっくり進めているわけではございません)

今回も、その続きから書き綴ってまいりますので、引き続きお楽しみくださいませ。



⑧妖怪ウォッチ大ヒット!


※少々無理はありますが、画像はイメージです。

「ゲラゲラポー、ゲラゲラポッポ、ゲラゲラポー♪」のテーマソングでおなじみ、「妖怪ウォッチ」の大ヒットは2014年の始まりと同時にやってきました。


妖怪ウォッチ第1作となるゲーム作品は2013年に発売していましたが、その当時は大きく話題になることもありませんでした。


しかしながら!

2014年1月のアニメ放送開始と同時に、一気にヒット街道を駆け巡り、妖怪ウォッチの名は全国区へ広まります。


それが遊戯王カードの歴史と何の関係があるの?

と言われそうですが、わざわざここで取り上げた理由として、「妖怪メダル」というアイテムが大ヒットしたことがカードゲーム界に巻き起こった大きな事件として、今も語られるレベルのお話です。


妖怪メダルってなんなの?」

という方のために簡単に説明いたしますと、これはゲーム、アニメの両方でキーアイテムとして使われていたもので、何百種類と存在する妖怪のイラストと名前が書かれたものになります。


「この街中には、あらゆるところに妖怪が潜んでおり、誰もが体験するあんなこと、こんなことは全て妖怪の仕業である」

というのが、妖怪ウォッチの世界観の基本的な設定であり、普段は目に見えない妖怪が人間に憑りつき、そこから様々な事件が主人公の周りで起こっていく、というのが毎回のストーリーにおける大まかな流れでした。


いつもは普通の友達が、突然おかしな行動を始めたり、普通では考えられないようなことが日常に起こったりと・・・そんな「異常事態」に対して、主人公は「これはきっと妖怪の仕業だ!」と見抜き、そこから妖怪とのドラマが繰り広げられます。


そして、最終的には妖怪と友達になり、友達になった妖怪からは自身の「妖怪メダル」がもらえて、その回のトラブルは一件落着、といったストーリーでした。


そして、手に入れたメダルは次の回以降で、「妖怪ウォッチ」というその名が示す通り腕時計型のアイテムにセッティングして使うことができ、セッティングされたメダルに描かれた妖怪が、再び主人公の前に召喚され、主人公の味方をする、という用途で使われるものでした。


妖怪メダルの説明が長くなってしまいましたが、こういった形でゲーム及びアニメで使われていた妖怪ウォッチ、妖怪メダル原作再現アイテムとして実際に発売されたわけです。


もちろん、ウォッチとメダルを揃えても実際に目の前に妖怪を召喚できるなんてことはなく、音や光の演出が楽しめる、所謂おもちゃの域を出ないものではありましたが、これがおそらくメーカー側ですら想像を上回るレベルの大ヒット!


当時、妖怪ウォッチの新品定価で6,000円~7,000円だったと思いますが、入荷後即完売、品薄状態が続き、中古相場がめきめきと上がり続けていたのを今でも覚えています。

確か、全盛期には20,000円近くまで高騰していたのではないでしょうか。


当時の勤務先でも、入荷するのに大変苦労した思い出があります。


妖怪メダルに関しては、遊戯王(久々にこのワードが出てきました。これがメインなのですが)をはじめとしたトレーディングカード類同様、シリーズ別にランダムに中身が封入されたパック販売のシステムが取られていました。


こちらに関しても、新入荷情報が出ると全国で朝から行列が出来るのは当たり前、中古相場はどんどん高騰(メダルに書かれたキャラクターによって人気・不人気がありましたので、一概に全て統一価格というわけではなかった点も、トレーディングカードに近いものがありました)の一途を辿っていました。


私の当時住んでいた地域では、「妖怪メダル付のアニメのオープニング・エンディングCD」すらも発売日に完売していたのを覚えています。恐ろしい人気でした。


そんな妖怪メダル、何がそんなに脅威だったかと言いますと、先ほどから少し触れている「販売形態がトレーディングカードに近い」という点に尽きます。

多くのリサイクル店では、この妖怪メダルシリーズはトレーディングカードコーナーで展開されているのが主流でした。

今では扱っている店舗も見なくなりましたが・・・悲しいものです。


当時の遊戯王・デュエルマスターズ・ポケモンカードといったカードゲームユーザーの中には、やはり子供も非常に多く、完全に子供をターゲットにした作品もあるほどでした。

少子高齢化社会と言えども、子供たちの心を掴んでおくのは商売にとって非常に大切なことでしょう。


そして、この彗星の如く現れた「妖怪ウォッチ」、完全にターゲットは低年齢層~大人まで、幅広く楽しめる内容になっていました。


アニメ・妖怪メダルは子供の遊び道具に、

ゲームは普通にストーリーも楽しめ、それなりに奥深さもあるため、子供~親まで楽しめる、

マクドナルドやUSJといったあらゆる場所に妖怪コラボが登場、もはや普通に生きていて目にしないことが無い、

そんなレベルのお話になりました。


アニメの大ヒットと、世の中の露出が上がるとともに、関連商品の売上も右肩上がりになり、まさに妖怪無双といった時代が繰り広げられているような様相でした。


しかしながら、何かがヒットすると何かが代わりに落ち込むのが世の常であり、カードゲーム界においても同様の流れが生まれてしまっていました。


いかに妖怪メダルが売れているといっても、ユーザーの財布が広がったわけではありません。


そこで、打撃を受けたのは既存のカードゲーム商品に他なりませんでした。


当時、私の勤務先でも妖怪メダルはトレーディングカード部門に位置していましたが、妖怪メダルのおかげで部門の売上全体が爆発的にアップ!!といったわけではなく、もちろん、全体的に見ても前年度との対比で150%以上をたたき出していましたが、妖怪ウォッチ以外のジャンルは軒並み100%を下回るような状況でした。

明らかに、ユーザーが移っているのを知らしめるような数値が出ていましたね。。。


これが一過性になるのか?

多少は落ち着く可能性はあるとは言え、継続的に期待できる売上なのか?

これは当時の私を含め、全国のリサイクルショップが抱えていた悩みだったのではないでしょうか。


そして、ようやく遊戯王に対する影響にも触れますが(お待たせいたしました)、私の勤務先では妖怪ウォッチの大ブーム以前に店舗のデュエル大会に出場していた小学生以下のプレイヤーが明らかに減ったな。。。というような事態は起こっていました。


幸いにして、当時の店舗は大学生ユーザーも多かったことから、運営に支障を来たすレベルの大打撃には至りませんでしたが、系列店舗によっては遊戯王の売れ行き、落ちすぎじゃね!?みたいな場所もありました。


そんな中、遊戯王も更に盛り上げるべく、「15周年記念」のイベント、商品がどんどん投入

されていく流れになりました。


過去プレイヤーの復帰を狙った商品展開も、この時期の大きな特徴と言えるのではないでしょうか。

この傾向は更に続き、2014~2015年にかけて更なる盛り上がりを見せてきます。

妖怪ウォッチ大ヒットの傍ら、今思い出しても流石KONAMIさん、と思えるような展開で、遊戯王は留まることなくカードゲーム界の王者に居座り続けます。


さて、妖怪ウォッチ大ヒットの時期に遊戯王はどんな展開をして、そして販売店としてはどのように映っていたのか?


この内容は、次回の第4回をお楽しみに!(え?)



◆最後に・・・


今回も、連載第3回として「ショップ目線から見た遊戯王の歴史」を記憶のままに書き綴ってまいりました。


今回は、自分で書いていて確信犯ではありますが、ほぼ大半が遊戯王ではなく妖怪ウォッチのお話になりました(ごめんなさい)


ある意味、妖怪ウォッチ大ヒットの影響を最も受けたのはポケモンシリーズではなかったかと思いますが、この大型新人によってカードゲーム界に与えられた影響は、決して無視できないお話であったかと思います。


当時の勤務先のお店でも、どんどん商品ラインナップと売上構成が妖怪に偏っていくのが目に見えるほどでした。


そんな中、遊戯王はどのように展開を進めたのか?

遊戯王のお話が全く進んでいないことに反省の気持ちを覚えつつ、次回に繋げていきたいと思います。


まだまだリサイクルショップにおける遊戯王の小話はございますので、次回以降も引き続きお付き合い頂ければ幸いです。


以上、ここまでお読み頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ハッシュタグ】




こんにちは!

「天空のおくりびとNET」担当のKです。


すっかり春らしくなり、昼間は暖かい陽気に包まれるようになってきた今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか?(なんだこの始まり方は)


私は、花粉に悩まされ、ティッシュが手放せない日々を送っております。 ※本当にどうでもいい導入ですね。 今の時期ですと、新卒の方や、新しい環境で仕事を始めたばかりって方もいらっしゃるのではないでしょうか? 世の中にはいろいろなお仕事がありますが、その中でも私Kは、長年に渡ってリサイクルショップのお仕事に携わってきました。 今回は、そんな経験から「リサイクルショップの店員って実際に何をするの?」という視点で、ご紹介していきたいと思います。


お店の中には社員として勤務する方、アルバイトスタッフとして勤務する方と、何パターンかの形態がありますが、今回はアルバイトスタッフのお仕事について、書き綴ってまいりましょう! ①店内環境の整備・清掃

いきなりこんなこと!?と思われるかも知れませんが、お店にとって「清潔さ」は重要なポイントです。 特に、リサイクルショップという業態では、当然ながら「お客様のご自宅からお持ちいただいた物」が店舗で販売する商品になるため、中には処分の目的でお持ち込みされたものもあり、全てが新品の綺麗な状態とは言えないわけです。


また、古着などを取り扱っている店舗では、自然とホコリ等も出やすく、何もしなければ本当にあっという間に店内環境は汚れてきます。


ですので、いつでもクリーンな状態でお客様をお迎えできるように決まった時間に決まった箇所を清掃するのは、当たり前のように業務に組み込まれています。


私の働いていた店舗では、日常の清掃に加えて、月に一度のタイミングで会社の上層部の方々が店内を視察しに来られるというイベント?があり、その直前になればカウンター内やバックヤードはもちろんのこと、店外の草むしり、トイレの配管、壁の汚れ、エアコンフィルターなど、とにかく徹底的にやるのが通例でした。

本当に、あの頃毎月徹底的に頑張ってくれていたスタッフの皆様には感謝しかありませんね・・・。


こういった形で、店内のあらゆる箇所を常に清潔に保っておくのは、リサイクルショップに限らずどこでもあり得るお話ではないでしょうか。



②レジ・販売業務


お店のスタッフであれば、どうあがいても避けては通れないのが、販売・レジ業務ですね。


リサイクルショップでは、本当にあらゆるジャンルの商品が取り扱われていますので、商品の属性によってレジ操作方法が違ってくる、といったこともザラにありました。



また、〇%OFFのセールやイベントなども多い店舗でしたので(自分で考えて自分で首をしめていたこともありましたが)その時その時によって必要な操作が変わってきたりといったイレギュラーも非常に多くありました。


店長になると、裏方業務も非常に多く、レジに立つ機会はどうしても激減しましたが、たまに人員の都合でレジを行うと、割引率を間違えたりして余計に仕事を増やしてしまった、なんてこともあったのは、いい思い出です(あの頃のスタッフの皆様ごめんなさい)


私の頃はまだそんなに多くなく、あってもクレジットやID決済ぐらいのものでしたが、今ではPayPayをはじめ、キャッシュレス決済の手段も増えて、より一層処理が大変になっているのではないでしょうか。



③商品の品出し・陳列


次に、必ず毎日やることとして挙げられるのが、商品の品出しと陳列ですね。


これは、他の業務に比べてもやはり、「お店で働いている感」を感じられる一瞬ではないでしょうか。


リサイクルショップでは、品数が多岐に渡るため、そのジャンルの正しい場所に配置することが必要です。


本なら、作家名順に並んでいる、

ゲームソフトなら、メーカーやジャンルで分けられている、

古着なら、ブランドで分けられている・・・といった具合です。


リサイクルショップで働きだしたタイミングでは、自分の興味のあるジャンルしか細かくわからないことが多いですが、この品出し業務や、売り場の整理をしているうちにだんだんと勝手に頭に入ってきます。



④出張買取・査定のサポート


リサイクルショップでは、店舗で受付をするばかりでなく、お客様のご自宅にお伺いし、処分したい品物を査定する「出張買取」というサービスもあります。


この出張買取では、家具や家電品であったり、1つ1つは細かいながらも非常に量の多い買取を行うケースが大半のため、1人では間に合わないことが多く、大抵は社員+アルバイトスタッフの2人という組み合わせで訪問していました。


また、出張で買取査定をしに行くだけでなく、店舗で販売した大型の商品をお客様のご自宅へお届けに行くパターンもあり、そういった場合も基本的に2人で対応していました。


1人で訪問して、ソファーや洗濯機など、運びきれないものが出てきたらサービスとして目も当てられませんからね・・・。

私の勤務していた店舗では、女性スタッフを連れていくことはまずあり得ませんでしたが、力自慢の男性スタッフをよく駆り出しておりました。

あの頃頑張ってくれていたスタッフの皆様には感謝しかありませんね・・・。



⑤発送する商品の梱包


時代の流れとともに、直接店舗で商品を購入する機会よりもWeb上で注文して購入するケースが増加してきた中、昨今ではリサイクルショップにおいても店舗と通販の併売を行うことも当然の流れになってきました。


そうなると、必ず発生してくるのが「販売した商品の梱包・発送作業」です。


私が勤務していた時代でも、やはり年を追うごとにネット販売の比率は増加を辿っていましたので、最初は「ついでに」ぐらいの気持ちで始めたのですが、いつしかすっかりこの作業もれっきとしたメイン業務にまで存在感を増すほどになりました。


こういう業務の場合、購入されたお客様へのメール対応といった部分は社員が行うことが多いですが、段ボールへの梱包作業はアルバイトスタッフに回ってくる流れになっているお店が多いのではないでしょうか。


レジで対面にて商品を販売するのと、実際のところは同じなのですが、何故かこの梱包作業となると変に緊張して商品を普段以上に丁寧に扱うスタッフがいたのが懐かしいものです・・・。



⑥お客様への応対


最後は、もはや当たり前レベルの業務になりますが、お客様への応対も毎日避けては通れない業務でしょう。


これは、先程挙げたレジ業務とはまた別で、購入前のお客様への対応になります。


リサイクルショップのケースですと、

「ガラスショーケースを開けて下さい」

「UFOキャッチャーの景品が取れない場所にあるので動かして下さい」

「取れない高い位置にある商品が見たいです」

「〇〇の在庫はありますか」

「トイレどこですか」

などなど、非常にたくさんのお問い合わせを頂きます。


どんなに取り扱い商品に詳しくても、査定が出来ても、毎日ご来店されるお客様の声にお応えできなければ、従業員としてお話になりませんので、やはりこういったコミュニケーション能力は最低限必要なものになります。


ほか、店内でのお客様への応対のみでなく、電話での受付もこちらに当てはまってくるでしょう。



◆最後に・・・


今回、「リサイクルショップの店員って実際に何をするの?」ということで、記事を書き綴ってまいりました。


基本業務に近い部分のお話を、いくつかご紹介させて頂きましたが、あくまでも店舗の一例であり、全てのお店に当てはまるわけではないことはご了承下さい。


こういった基本業務以外にも、私の勤務していたショップはかなりアルバイトスタッフに任せる分野が幅広く、

・買取査定(最終の査定金額は店長決済でしたが)

・販売企画の立案

・POPの作成

・買取を強化するジャンルの提案

・祭事関係の売り場展開

などなど、非常に多くのことを経験できる職場でした(アルバイトスタッフに押し付けているわけではございません!)


店舗の方針、店長の方針によって、出来る範囲は全然変わってきますので、「次は何を任せてもらえるか?」を楽しみながら勤務することも、リサイクルショップの醍醐味なのかも知れません。


また次回、今度は「社員は何をするのか?」という視点で、記事を更新できればと思います。


以上、ここまでお読み頂きありがとうございました。


※リサイクルショップに関する情報、他にも掲載しています!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ハッシュタグ】

更新日:2023年11月29日


こんにちは!

「天空のおくりびとNET」担当のKです。


当ブログをお読み頂いている皆様は、「デジタル遺品」という言葉をご存じでしょうか?


今回は、遺品整理のお話なのですが、一般的に誰もが考えがちな「自宅から物を運び出す」というものとはまた違って、インターネット上や、クラウドデータとして残り続ける遺品について、お話していきたいと思います。


基本的に、それが実在する、触れる物であろうとなかろうと、故人の残していったものは全て「遺品」として取り扱われます。


現代では、もはや持っていない成人なんていないのでは!?というほどのアイテムである「スマートフォン」

その他にも、パソコンやタブレットを含めると、自宅にこれらが全く無いという方が珍しい時代となってきています。


こういったスマホやパソコン、1つの「物」としても立派な遺品なのですが、これらの中には生前に残されたデータの数々が眠っています。


こういった端末内のデータや、Webサイトの登録情報も遺品の中に数えられます。

これらを放置してしまうと、後で困ってしまうケースも出てくるため、出来る限り事前の対策が望まれます。


今回は、そんな「デジタル遺品」とは何か?事前に何をやっておくべきか?という部分に焦点を当て、お話していきましょう。



①スマホ・パソコン内のデータ関連


まず、デジタル遺品として思い浮かべやすいのが、スマホやPC内に保存されたデータ関連です。


写真・動画・文書その他・・・昨今ではいわゆる「ペーパーレス化」が進み、その分いろいろな物がデータとして保存されています。


また、スマホやPC内に保存されているばかりでなく、iCloudやGoogleドライブといった各種クラウドサービス内に保存されているケースもあり、そういったものに関しても端末を開いてみないことには分からない情報となります。


元々の持ち主がお亡くなりになられた後、意外とすぐに「遺影写真に使いたい」「生前に付き合いのあった方へお通夜・葬儀の連絡をしたい」といった形で、スマホ内の情報が必要になるケースもよくあります。


特に電話番号に関しては、今や直接入力する機会もなければ、LINE通話などで済ませるパターンも多く、自分以外の番号なんて記憶していない、書き留めていないなんてケースがザラにあります。


こんな時に、最も困ることとして多く挙げられるのが、「故人の使っていたスマホのパスコードがわからない」というお話です。


今では顔認証や指紋認証もありますので、更に難易度を高めていますが、この「目の前にデータがあるのが分かっているのにアクセスが出来ない」という場面は誰しも考えられるものです。


まず、これについては万が一のためにパスワード情報は書き留めておくなど、何らかの対策はしておいた方が良いでしょう。



②SNSやアプリ等のアカウント情報


次に、SNSや各種アプリのアカウント情報も、デジタル遺品に当てはまります。


SNSに関しては「一切やっていない!」という方もまだまだいらっしゃると思いますが、スマホを使っていて、何のアプリもインストールしていなく、アカウントを何一つ持っていない、という方は非常に稀でしょう。


この、アカウント情報として挙げられるケースとしては、

・Amazonや楽天といったショッピングサイト

・メルカリ等の登録アカウント

・PayPayやメルペイといった各種キャッシュレスサービス

・Apple MUSICやNetflix等の音楽配信サイト

・・・等、数えきれないほどの種類がございます。


こういったものの中には、放置することでデメリットとなりうるものが潜んでいます。


どういうものかと言いますと、「月額費用が発生しているもの」です。

こういったものは、すぐに解約手続きを行わなければ、毎月自動的に料金が発生してしまいます。

もうそのサービスを利用する人が居ないのに、非常に意味のない出費になってしまいます。


また、SNSアカウントにおいては「乗っ取り」の危険性を常に持っています。

亡くなった方のアカウントを乗っ取るなんて罰当たりな・・・と思いますが、「実際に当人が亡くなっているのかどうか」は乗っ取る側からすれば何の関係もないため、故人のアカウントは早い段階で消してしまうのが賢明かも知れません。



③相続が可能な情報関連


デジタル遺品の中には、先ほどまでご紹介したように「データとして取り出して保管しておく」ばかりでなく、「相続が可能」なものもあります。


キャッシュレスでの対応が当たり前になってきた昨今では、しばしば見られるケースであり、これらも放置すると後々の問題に繋がってしまうことも考えられます。


故人がチャージをしていた各種キャッシュレス関係のお金、電子マネーや、投資をしていた場合の証券情報といったものがこちらに当てはまります。

これらは、立派な資産になりますので、相続の対象です。


また、最もわかりやすい例として、ネット銀行口座への預貯金も挙げられますね。


こういったものは、直接現金に関わってくるものになりますので、後に発覚すると親族同士のトラブルに発展する危険性もあり、早い段階で確認しておきたい要素です。


しかしながら、全てがそのまま相続できるか?というとそうではなく、例えばPayPayに関しては「残高のあるアカウントを相続させることは出来ない。」と利用規約に明記されていたり、各種サービスの提供元によって異なってきます。


逆に、ネット上の管理であっても、株式や預貯金といったものはそのまま相続が可能とされており、こういった部分に関しては、弁護士の先生やデジタル遺品専門の遺品整理業者に相談するのがベターです。




④「デジタル終活」として・・・


ここまで、①~③で様々な事例を挙げてきましたが、全てに共通して言えることとして、「事前にパスワード情報を保管しておけば、万が一のことがあってもすぐに対処できる」ということです。


もちろん、スマホやPCの中には決して見られたくないデータがある!という方も、決して少なくはないでしょうから、正直な話、抵抗もあるかとは思います(私もそうです)


そういったケースにおける対策として、「エンディングノート」を作成し、具体的に「残された方に教えないといけない情報(パスワードや、証券情報など)」だけをメモしておき、「それ以外は見ないで下さい。」と書き記しておくような場合もあります。


生前に余程の揉め事でもない限り、故人が「見ないで欲しい」とわざわざ書き残したものに反対するようなこともないでしょう。

こういったことからも、生前の人間関係が結局一番大切とも言えるのかも知れません(なんだかちょっといい話)


もしものトラブルを防ぐためにも、生前のうちにエンディングノートを作っておいたり、信頼できる人にパスワード情報を共有しておくなどの最低限の生前整理はやっておきたいものです。




◆最後に・・・


今回、デジタル遺品とは何か?事前に何をやっておくべきか?」ということで、記事を書き綴ってまいりました。


今や何でもスマホ一台あれば便利にこなせてしまう時代、自分が生きている間は本当に助かるアイテムですが、自分が亡くなってしまうと、残された家族に「困りごと」を与えてしまう物でもあります。


誰しも、自分が死んだら・・・なんてなかなか考える機会なんてないかも知れませんが、万が一に備えておくことは決して悪いことではないでしょう。


ただエンディングノートにメモを取っておくだけのお話ですので、ものの5分~10分で済みます。

その短時間の作業で、未来の親族トラブルを防ぐことに繋がると考えたら、安いものではないでしょうか。


以上、ここまでお読み頂きありがとうございました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ハッシュタグ】





bottom of page