top of page


大阪の遺品整理なら天空のおくりびとNET

こんにちは!

「天空のおくりびとNET」です。


今回は、「人生の終わりに向けて、自身の身の回りの「物」や「財産」を整理する」まさに終活のスタートとも言える、生前整理のお話をしていきます。


この記事では、生前整理のメリットとデメリット、始めるタイミングや具体的なやり方・進め方を解説しますので、ぜひ参考にしてください。





① 生前整理とは?


生前整理とは、自分が亡くなった後に残された家族が相続や遺品整理で苦労しないために、自身の身の回りの「持」や「財産」などを整理・処分する活動のことです。

生前整理は、人生の終わりを意識した「終活」の一部とも位置づけられています。



大阪の生前整理

生前整理は不要な物を処分する「断捨離」だけをするのではなく、必要な物や自身が保有している財産を整理して、エンディングノート・財産目録・遺言書などを作成しておくことも生前整理の一部となります。


※生前整理と遺品整理の違いとは?
遺品整理とは、亡くなった人の配偶者や子どもなどが、亡くなった人の遺品や財産を整理・処分などを行うことを言いますが、対して生前整理とは亡くなる前から整理を行っておくこと、つまりはそれを実行する人や時期に違いがあります。


② 生前整理を行うメリット


生前整理をやっておくメリットは、主に3つあります。


メリット① 遺族の負担が軽くなる


生前整理を行う1つ目のメリットは、遺族の負担を軽くできることです。


親族が亡くなると相続が発生し、遺された家族は遺品整理を含め、かなりの数の相続手続きを、決められた期限までに行う必要があります。

その点、事前に生前整理をして、自分自身が持っている物をある程度整理しておけば、遺族の負担を軽くすることができます。


メリット② 財産の引継ぎがスムーズになる


生前整理をしておく2つ目のメリットは、大切な財産を確実に引き継げることです。


何も整理されていない状態では、遺族は財産を見つけるだけでも、大変な労力が必要となりますし、遺品の量が多いと、大切な財産を家族に見つけてもらえず、他の物とまとめて捨てられてしまう危険性もあります。

生前整理をしておき、大切な財産や思い出の品を整理しておけば、確実に引き継ぐことができて安心です。


メリット③ 相続のトラブル対策になる


生前整理をしておく3つ目のメリットは、相続トラブルを対策できることです。


親族が亡くなり、相続が発生した場合、親族間で遺産分割協議が行われます。

しかしながら、協議が終わってから遺産が見つかると、相続人は遺産分割協議をやり直す必要があり、その時に親族間で揉め事になるケースが多くあります。


生前整理をしておいて、予め財産の内容や関連書類の保管場所などを伝え、誰に受け継いで欲しいのかを予め伝えておくことで、相続トラブルを事前に防ぐことに繋がります。



③ 生前整理を行うデメリット


生前整理をやるにあたっては、メリットのみではなくデメリットもあります。


デメリット① 時間と手間がかかる


生前整理をしておく1つ目のデメリットは、時間と手間がかかってしまうことです。


自分が所有している持ち物や財産を全て見直して整理を行うのは、決してすぐに終わることではありません。

さらに整理して・処分して・情報を残して…という作業も考えるとなると、かなりの時間と手間が必要となります。

仕事や家事といった毎日の生活を送るだけではなく、生前整理のために時間や労力をかけるのは簡単なことではないでしょう。


デメリット② お金がかかる


生前整理をしておく2つ目のデメリットは、お金がかかるということです。


例えば、粗大ゴミや家電の廃棄で発生する処分費用、不用品買取業者や生前整理業者への作業依頼料などが必要になってきます。

不動産を売却する場合は、不動産業者への仲介手数料や税金(譲渡所得税や住民税など)が発生します。

生前整理のために数十万円の費用がかかるケースもあり、この点はデメリットとなってくるでしょう。



④ では、生前整理を行うのはいつからが良い?


生前整理を始める時期はいつでも問題ありませんが、身体が自由に動かせて、判断力や思考力も衰えていない間に行われることをおすすめします。


ほとんどの人は日常生活で人生の終わりを意識することはないため、生前整理や終活と聞いてもあまり現実的ではないかも知れません。


しかし、毎日どこかで誰かが、突然の事故で命を落としていることも事実ですし、若くして病気で亡くなってしまう場合もあります。

生前整理はどの時期に始めても問題ありませんので、「まだ早い」「もう遅い」と考える必要はありません。



終活とエンディングノートの作成

生前整理を始めやすいタイミング


生前整理の必要性は理解していても、「そのうち始めよう」と考えていては、タイミングを逃してしまう可能性もあります。

生前整理は時間と労力が必要となりますので、少しでも若いうちから始めるのが良いとされています。

生前整理を思い立った時こそ、行動に移す最高のタイミングとも言えます。



生前整理を始めやすいタイミング① 子供が家を出たとき


子供が就職や結婚で実家を出たときは、生前整理をはじめやすいタイミングです。


子供が実家を出た後に相続が発生した場合、相続人である子供は「実家にある全ての家財道具全て」を遺品整理する必要があるため、万一のことがあった場合の負担は大きくなります。

子供が実家を出た後に、ある程度の生前整理をしておけば、子供の負担を軽減することができます。



生前整理を始めやすいタイミング② 定年退職後


定年退職をした後も、生前整理を始めるベストタイミングです。


定年後はこれまでとは違い、仕事のスケジュールに追われることなく、自分のペースで生前整理ができます。



⑤ 生前整理の進め方


生前整理は主に、「身の回りの物の整理・処分」と「お金や財産に係るものの整理」に分けて考えることができます。


どちらも、1つひとつ「いる」か「いらない」かを判断して、いらないものを手放す(処分・売却・解約など)という点は共通します。

生前整理には「家族に受け継いでもらいたい大切なものを明確にする」目的もありますので、身の回りの物や財産の情報を残しておく必要があります。


整理した物や財産をどうしたいのか、どんな種類の財産を保有しているのか、どこに必要書類などが保管されているのかといった情報を、エンディングノートや財産目録などに残しておきましょう。



大阪 エンディングノート作成


身の回りの物の生前整理は、自身がどれだけの物を持っているかを確認したうえで、「必要な物」と「必要でない物」に分けていきます。


身の回りの物は、家の中にある家具家電や衣類といった「家財道具」だけではありません。

パソコンやスマホなどの「デジタル機器の中にある情報」も含まれますので、これらの整理も忘れないようにしましょう。


しかし、整理を始めてみても、どれが必要でどれが必要でないかの判断は難しく、結局何も捨てられないということも起こりがちです。

どうしても物を捨てることに抵抗がある人は、無理に捨てることにこだわらなくても構いません。

ひとまず、身の回りの物を「必要な物」と「必要でない物」と「検討する物」に分けるだけでも効果があります。



※デジタル機器の情報の整理とは?
パソコンやスマートフォン(スマホ)なのデジタル機器に保存されている情報が対象になります。
・写真や動画などのデータ
・メールや連絡先などのデータ
・SNSや個人ブログにあるデータ

デジタル機器の情報の整理では、「機器から取り出してほしいデータ」と「家族に見られたくないデータ」を分けておきます。

家族に見られたくないデータについては、個別にパスワードをかけるか、不要なデータは消去するなどしましょう。

この他にも、連絡先のデータは紙に印刷しておく、思い出の写真はプリントしておくといった方法もあります。



⑥ お金・財産の整理


お金や財産に係るものの整理では、「必要な物」と「不要な物」に分けて整理するだけではありません。

万が一のときのために、財産に係る書類や印鑑など、すぐ出せる場所に保管しておくことも重要です。



財産の整理 生前整理

まずは手持ちの銀行口座やクレジットカードを確認して、現在利用していないものや、今後必要ないものがあれば、解約手続きをしておきましょう。


そして、デジタル遺産についても忘れずに整理をし、不要なものは解約などの手続きをしておきましょう。


デジタル遺産とは、以下のような財産のことを指します。


・ネット銀行や証券会社の取引にかかわる情報

・暗号資産(仮想通貨)

・各種ポイントやマイレージ

・電子マネー

・有料会員サービスの定期課金


キャッシュカードやクレジットカードとは違い、これらの情報は全てデジタル機器やインターネット上で管理されています。

デジタル遺産は整理をした上でデータを残しておかないと、遺族が見つけることができず、様々なトラブルに発展する恐れがあります。


また、お金や財産にかかわる必要書類などは、万が一のときにすぐ出せるように、どこか一か所にまとめて保管しておくことをおすすめします。


万が一のときのために生命保険(死亡保険)に加入している場合も、生命保険金(死亡保険金)を請求する際は、生命保険会社の保険証券があると手続きがスムーズです。


また、自宅など不動産を相続する場合は、不動産の権利証(登記識別情報)が必要になります。


これらの大切な書類や預金通帳など、万が一のときに必要になる書類などは、どこか一か所にまとめておくことをおすすめします。



◆生前整理は業者に依頼するのも手


生前整理を自分だけでするのは大変…という方は、プロに依頼することもできます。


生前整理業者とは、依頼者や家族の意見を尊重しながら、片付けや仕分け作業から不用品の買取りや清掃までを引き受けてくれる業者のことです。

費用は発生しますが、専門スタッフが片付けや仕分けも担当してくれるため、効率よく生前整理を進めることができます。



・業者に依頼した時の費用は?


生前整理業者の費用相場は、間取りによって変動ケースがほとんどです。



遺品整理 相場 大阪

ただし、不用品の料が多い場合や、部屋の状況によっては、費用が少し高くなることもあります。


「天空のおくりびとNET」なら、生前整理作業から、万が一に備えてのエンディングノート作成、不動産の売却相談など、全般に渡ってサポートいたします。


気になる料金についても、複数業者から比較しお選びいただけますので、お客様の求めるサービスに合った最安・最適なプランをご紹介いたします。


人生一度きりの生前整理、うまく進めるためにまずはお気軽に天空のおくりびとNETグループにご相談ください。



天空のおくりびとNET ふくろう

↑ 天空のおくりびとNETはこちらから



不動産 売却 相続相談


line 問い合わせ



更新日:3月26日


こんにちは!

「天空のおくりびとNET」担当のKです。


天空のおくりびとNETでは、遺品整理や不用品回収の他にも、「相続不動産の売却サポート」も行っています。


相続財産の中でも難しいことが多く、トラブルも発生しやすい不動産、かといって放置するわけにもいかず、悩みの種になってしまうなんてこともしばしば見られます。


今回は、そんな不動産に関するお話をしていきましょう。



①不動産を相続するパターンについて


不動産の相続に関して、一番最初に悩むパターンとして挙がってくるのが、「兄弟などがいて平等に分けないといけないのに、お金と違って簡単には分けられないものであるが故に困ってしまう」という点です。


まずはどのように分けて相続を進めるか、この点が重要になってきます。


相続のパターンとしては、

■現物分割

■代償分割

■換価分割

■共有分割

の4つのケースが挙げられます。


まず、現物分割については、1人がそのまま不動産を相続する形になります。

手続きも、所有権移転の登記を行うだけでシンプルです。

最もオーソドックスであり、難しい処理など必要のないことがメリットにはなりますが、先ほど挙げた通り、相続人が複数に渡る場合は、全員の納得を得る必要があり、トラブルに発展してしまう恐れもあるのが注意点になるでしょう。


次に、代償分割相続人の中の1人が代表して不動産を相続し、他の相続人がいた場合は現金等の支払いを行い、等価の相続を行ったとするケースです。

文章で書くと難しく感じますが、要するに「1,000万円の価値がある不動産」を兄が相続したとすれば、ちょうど価値として半々になるように、不動産相続を行っていない弟には現金で500万円払う、といった具合ですね。

こちらに関しては、現物分割よりも揉め事になるパターンが避けられ、両社納得の上で相続が出来る形になりますが、そもそも兄の方に500万円の支払い能力がなければ成立しない方法となります。


そして、換価分割については、不動産を売却して現金に変え、そのお金を平等に分ける方法です。

土地や家を売却して山分けという形になりますので、売れた金額が500万だった場合は兄弟で250万円ずつ分けるということになります。

厳密には、手数料や相続税などの必要な金額も発生しますが、大まかにはこういった形で分けるものとなります。


最後に、共有分割ですが、こちらは相続する不動産を相続人全員の共有名義にする形です。

相続する方全員がその不動産の所有者ということになりますが、将来的に処分することや、何かトラブルが起きた場合の責任の所在地といったことも踏まえると、デメリットも発生しやすいのでは?と考えられる方法です。



②不動産を相続したら?


先ほどの項目で挙げた何らかの方法で、不動産の相続が決定したら、基本的にはその不動産をどういう風に扱うかは相続人の自由となります。


そのままそのお家で生活するも良し、売却するも良しです。

ただし、空き家として置いておくのは後々のトラブルに発展する恐れがあるため、注意が必要です。


家は誰かが住んでいた方がいい、なんて言葉をよく耳にしますが、その通り誰も住まなくなった家は劣化がどんどん進んでしまいます。

お庭や入口周りが草木で覆いつくされたり、ひどいものになると動物の住処になってしまったり・・・

TVで見かけるような、問題になっている廃墟のような扱いになってしまうケースもありますので、それだけは避けたいですね。


また、そうなってくると結局清掃や解体費用、大きな場合であればトラブルの解決にかかるお金など、本来であれば必要のなかった出費が発生してしまいます。


せっかく「財産」として相続をしたのに、出費の方が増えてしまった・・・というお話では笑うこともできませんので、相続した土地や建物は活用するのがベストです。



③誰も相続しない土地は・・・?


故人が残していった土地の中には、場所の都合などで「誰も相続できない」ケースも出てきます。


農業を行う人がいない場合の田畑や、空き家になることが確実視されるお家などがそれに当たります。


こういったケースの場合は、最初から「相続放棄」の意思をしっかりと伝え、弁護士の方や不動産屋にあたってみるのが良いでしょう。

もちろん、「相続を放棄」しているために何か財産やお金が入ってくるということはありませんが、後々処分に困ることもなく、買い手を探してくれることになります。


それまで故人の方が生活していた土地ですから、すぐに処分するのも気が引ける・・・なんて考えもあるかしれませんが、先ほどの項目で説明したように、後からトラブルの起こる可能性を考えると手放すのがベストな選択であるケースもあります。



◆最後に・・・


今回、「相続不動産」に関して、記事を書き綴ってまいりました。


相続をするという機会は、遺品整理などと同じく、人生でそう何度も経験するケースではありません。

そのため、実際にその機会に直面した時に出てくる不安点や問題点といったものがありがちです。


現代においては、「終活」がメジャーになってきていることもあり、事前に売却してしまったり、親戚関係で相続する方を決めておくといったことも一般的になってきていますが、それでも思わぬアクシデントというのは発生しうるものです。


亡くなられた方の財産で、親族同士で揉めてしまうなんてことは最も避けたいケースかと思いますので、トラブルを避けるように事前に考えられるケースは対策しておきたいものですね!


以上、ここまでお読み頂きありがとうございました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ハッシュタグ】






こんにちは!

「天空のおくりびとNET」担当のKです。


もう少しで4月も終わり、ずいぶん暖かくなってきましたね。

3月にはひな祭りや、5月には子供の日と、子供たちにとっても楽しい季節です。


こういった人形や、おうちに置かれているぬいぐるみなど・・・、処分するのにどうすればいいか困ったことなんてありませんか?

「そのまま捨てるのもどうなのか・・・」と思ってしまう物ランキングで言うと、結構上位に入ってくるのではないかと思います(個人的意見)


今回は、そんな人形の処分に関するお話を、書き綴っていきたいと思います。



①人形供養とは?


長年、自宅で家族とともに過ごしてきた人形。

普通に捨てるのは忍びない・・・と思う方のために存在するのが、「人形供養」です。


人形供養とは、大切にしていた人形やぬいぐるみを文字通り「供養」する日本独自の文化です。


長年家族を守ってくれていた、魂の宿っている人形、その役目を終えてお別れの日が来たら、しっかり供養してあげるのが望ましいでしょう。


人形の魂が安らかに昇華できるように感謝の気持ちとともにお別れをする儀式、それが人形供養です。

そして実際に人形やぬいぐるみを供養する際に、最も一般的な方法とされているのが「お焚き上げ」です。

人形を浄化し、安らかに天に昇ってもらうための儀式という点は、人間が亡くなった際となんら変わりないですね。



②人形供養することによってどんな気持ちが生まれる?


人形供養を行うことによって、ただ捨てるだけではない様々な気持ちが生まれます。


・人形を捨てることに対して、罪悪感のようなものを感じていたが、供養することによって穏やかな気持ちでお別れが出来た。


・プレゼントで頂いたものなどもあり、処分に気が引けていたが、送ってくれた側にも納得してもらえる理由が出来た。


・断捨離を行うきっかけになり、自宅のスペースが広がった。


・亡くなった祖父母と同じ場所で供養することにより、天へのメッセージになったような気がする。


・家族の運気を上げるきっかけになった。


など、供養した後に清々しい気持ちになれるケースがほとんどです。


長年の間、家族を見守ってくれていた人形ですから、感謝の気持ちを込めて最後まで見送ってあげるのが理想ではないでしょうか。



③人形供養はどこにお願いすればいい?


自宅の人形を供養して、お別れしよう・・・と思った時、次に気になるのが「じゃあ誰にお願いすればいい?」という部分になってくるかと思います。


人形供養の方法として、最もポピュラーなケースとして挙げられるのが、神社やお寺に依頼することです。


神社やお寺では、もともと不要になった破魔矢やお札をお戻しして処分したり、遺品整理に係るお焚き上げができるところもあります。

人形供養に関しても、同様に受け付けてくれるところも多くありますので、一度問い合わせてみるのが良いでしょう。


また、時間的な都合や、人形の量や大きさによって、なかなか自分で持ち込みが困難なケースも考えられますが、そういった場合に郵送でも対応してくれる所もありますので、合わせて聞いてみるのも手です。


自分で直接持って行かないと供養にならないのでは?と考える方も多いかも知れませんが、最も大切なのは本人やご家族の気持ちになりますので、自分が納得できる方法に決めるのが良いでしょう。


人形供養にかかる料金については、場所や量によって様々にはなりますが、大体段ボール一箱あたりで5,000円~10,000円ぐらいの所が多いのではないでしょうか。

※あくまでも、私の知っている限りの情報となります。


ただし、人形の入っているケース等があれば、別途処分費用が必要になるケースもありますので、注意が必要です。


神社、お寺以外ですと、遺品整理業者が対応してくれたり、今では「人形供養代行サービス」なんてものもある時代です。

また、近隣に葬儀会館などがあれば、定期的に供養祭といったサービスを開催している所もありますので、問い合わせてみるのも良いでしょう。



④人形供養を依頼する際の注意点は?


先ほど、人形供養を依頼するには?という点をお話しましたが、ただなんとなく選ぶだけでは、起こり得る危険性というのも存在します。


・供養に立ち合いが出来るか?

立ち合いは必ず行うべきというわけではありませんが、本当に想いのこもった人形などがあれば、最後まで見届けたいケースもあるのではないかと思います。

しかしながら、場所によっては立ち合いが一切出来ないという所もありますので、事前に確認することは必要でしょう。


・しっかりと供養されるか?

基本中の基本にはなりますが・・・、せっかく預けた人形を雑に扱い、酷いものになると供養も行わずそのまま捨ててしまうといった場合も存在してしまう、こんな悲しいお話もあります。。。

そんな罰当たりな!と思わざるを得ないお話ですが、ただただ商売としてやっているような所もありますので、事前に口コミや評判は見たり聞いておくのが望ましいです。


・対応はしっかりしているか?

こちらも基本的なお話になりますが、受付~実行までの対応はしっかりと気にしておくべきポイントです。

お金を払った後に連絡があるか?

いつの間にか全て終わっているのではなく、しっかりと報告があるか?

一番最初に渡した時の人形の扱いはどうか?

など、注意する点はたくさんあります。

大切な大切な人形が供養される、最後のタイミングですから、決して雑に対応していいものではないでしょう。



◆最後に・・・


今回、「人形を処分するには?人形供養って?」ということで、記事を書き綴ってまいりました。


子供の成長とともに、家族から愛され、家族に降りかかる災厄から守ってくれてきた人形たち。

その最後を迎える際は、今までの感謝を込めてしっかりと供養してあげたいものです。


最後まで心を込めて見送ってあげたいものだからこそ、適当に供養先を選んでは、後々後悔することになってしまう恐れもあります。

人形の供養も、人間と同じく一度きり

失敗したと思っても、決してやり直せるものではありません


皆様の大切なお人形の最後に、この記事が役立つ時が来たら幸いです。


以上、ここまでお読み頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【ハッシュタグ】


bottom of page